ITコンサルティング & ITサポート  高石通信工業株式会社

STEP2 IT機器・サービスの見直し


  いま使っているIT機器・サービスの見直しを検討してみましょう。

  「(導入時は)これができる機器・サービスはこれだけだった」
  「(導入時は)これが一番安かった」

  新たなIT機器・サービスを導入された時、いろいろ調べたことと思います。
  そしてその中で一番良い、御社の業務にあったIT機器・サービスを導入
  されたのでしょう。

  でも、幸か不幸か、ITの世界は進歩がとても早いのです。

  言い換えると、どんどん新しいIT機器・サービスが生まれていますので、
  導入時にベストな選択だったものが、いまでもベストである保証は
  ありません。


  一例をあげますと、電話の回線があります。

  ほんの数年前まで、電話の回線は「アナログ」と「ISDN」だけでしたが、
  いまは「ひかり電話」という選択肢があります。

  8回線(8ch、8人が同時に発着信可)の場合のNTTの月額費用(税抜)で
  比較してみましょう。

  〔アナログ〕  2,500円×8回線=20,000円

  〔ISDN〕    3,530円×4回線=14,120円

  〔ひかり電話〕 1,300円+400円×5ch=3,300円

  「ひかり電話」はミニマムの構成ですし、実際には「ひかり電話」の利用には
  「光回線」も必要になります。
  しかし、インターネットと兼用できますので、アナログ、ISDNと比べて費用が
  下がることは多いです。


  ITの中で、あまり変化がない(と思われている)「固定電話」でも、これだけの
  変化が起きています。

  「携帯電話」「ネットワーク回線」「ネットワーク機器」「WEBサービス」・・・
  これらにはもっと大きな変化が起きていますので、見直す価値はありますし、
  見直すべきでしょう。

  私たちはお客さまのご利用状況にあった、より安くて使い勝手が良い
  「IT機器・サービス」をご提案いたします。

  どうぞお気軽にご相談ください。




図1.png